ベン・ハー (1959) : Ben-Hur

アカデミー賞11部門を制した不朽の名作。巨費を投じて作られた海戦や戦車戦など、CG不在の時代の本物のスペクタクルルー・ウォレス将軍のベスト・セラー小説をカール・タンバークが脚色した歴史スペクタクル・ドラマ。監督はウィリアム・ワイラー、撮影はロバート・サーティース、音楽をミクロス・ローザが担当。出演はチャールトン・ヘストン、スティーブン・ボイド、ほかに、ジャック・ホーキンス、ハイヤ・ハラリート、サム・ジャッフェ、マーサ・スコットら。

ベン・ハー (1959) : Ben-Hurのストーリー

西暦1世紀の初め、ユダヤがローマ帝国の支配下にあった頃の話。ユダヤの都エルサレムにローマ駐屯軍の新将校が着任した。メッセラ(スティーブン・ボイド)である。彼はこの地の豪族の息子ベン・ハー(チャールトン・ヘストン)と幼な友達だった。しかし、メッセラは立身出世主義者となっており、ベン・ハーと今は相いれなかった。ある事件からベン・ハーの一家がローマへの反逆罪に問われた時、メッセラは無罪の口添えをこわれたが、拒否した。ために、ベン・ハーの母と妹は地下牢に入れられ、ベン・ハー自身は奴隷としてローマ軍船へ送られた。途中、砂漠で渇に倒れようとした時、飲み水を恵んでくれた人があった。ベン・ハーはこの人を忘れなかった。

ローマ艦隊が海賊船団と戦った際、奴隷であったベン・ハーは司令官アリアスの命を救った。彼はアリアスの養子に迎えられたが、ユダヤの地に帰った。そこでハー家の財宝を守っていたサイモニデスとその娘エスター(ハイヤ・ハラリート)にめぐり合った。エスターは、ライの谷へ送られていくベン・ハーの母と妹に出会っていたが、彼女らの願いで2人は地下牢で死んだと告げた。ベン・ハーは2人の仇を討つことを誓い、大戦車競争に出場し、メッセラを破った。重傷を負ったメッセラは母と妹はライの谷にいるとベン・ハーに言った。早速彼は母と妹を迎えた。途中、十字架を負って刑場に向かうキリストを見送った。砂漠で水を恵んでくれた人だ。今度はバン・ハーが1杯の水を捧げた。その行列を見守った母と妹は、病いが奇蹟的にいえるのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 大いなる西部 (1958) : The Big Country

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。