白蛾 (1934) : Glamour

ウィリアム・ワイラー監督の映画。主演:ポール・ルーカスとコンスタンス・カミングス。エドナ・ファーバーの書き下ろしたものをドリス・アンダーソンが映画脚色し、グラディス・アンガーが台本を製作した。その他の出演は、フィリップ・リード、ジョセフ・カウソーン、ドリス・ロイド。撮影はジョージ・ロビンソン。

白蛾 (1934) : Glamourのあらすじ

作曲家のヴィクター・バンキは興行師のイブセンと共にミュージカル・ショウを上演して、その界では才人として認められている男である。コーラス・ガールの1人リンダ・フェインはヴィクターに惚れ込んでいる。そして勇敢に自分のために曲を書いてくれれば大当たりをとってみせると申し込む。ヴィクターは初めて会う娘のこととてもちろん断った。彼女は彼を家まで追っかけて頼んだがやはり拒絶された。リンダの勇敢さと熱心さに驚きかつ感心したヴィクターは知らず知らず彼女に心を惹かれていた。その結果、彼の方からリンダに近づいて交際する様になった。

かくしてヴィクターは彼女のために曲を作り、それが大当たりを取り、そしてリンダと彼は結婚した。ヴィクターは愛するリンダのために全力を尽くしたので、幾何もなく彼女はブロードウェイ第1の人気女優となった。人気が高まるにつれて、社交のためにリンダは夫のことやかわいい息子のことを遠ざけるようになった。リンダの踊り相手を勤めているイタリー人のロレンツォ・ヴァレンチと彼女とは、いつか熱烈に恋し合う仲となった。

それを逃れるべくロレンツォは南米へいくことを決心し、事実をヴィクターに告白する。ヴィクターは妻もロレンツォを愛していると知るや、離婚してリンダを彼に与えた。2人はロンドンに赴いて結婚し、ヴィクターは愛児と共にニューヨークに佗びしく暮らした。ロレンツォがロンドンで人気を博した頃愛児が重患と聞いてリンダはニューヨークへ帰った。その時彼女はロレンツォが浮気をしていることを知った。愛児は死んでいた。リンダはヴィクターが1人となってから元気なく今は貧乏のドン底にいることを知って、自分が間違っていたと悟りヴィクターの許に帰ったのである。

  • コメント: 0

関連記事

  1. コレクター (1965) : The Collector

  2. 嵐 (1930) : The Storm

  3. 孔雀夫人 (1936) : Dodsworth

  4. 砂漠の生霊 (1930) : Hell’s Heroes

  5. 北海の漁火 (1931) : A House Divided

  6. L・B・ジョーンズの解放 (1970) : The Liberation of L.B. Jones

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。