砂漠の生霊 (1930) : Hell’s Heroes

ピーター・B・カイン氏作の西部物語「三人の名付け親」を発声映画化したものでトム・リード氏が脚色並びに台詞を担任し、ウィリアム・ワイラー氏が監督しジョージ・ロビンソン氏が撮影した。主役はチャールズ・ビックフォード氏が演じレイサイモンド・ハットン、フレッド・コーラー、フリッツィ・リッジウェイ、マリア・アルバ等が助演している。

砂漠の生霊 (1930) : Hell’s Heroesのあらすじ

アリゾナ砂漠に近いニュー・エルサレムの町の銀行を襲った4人組の強盗があった。現金出納係のエドワーヅを射殺して金袋を奪って闘争した。一人は追撃した人々に射殺されたが3人は砂漠へ逃込んでしまった。おりから、砂風が起ったので人々は追跡を断念した。嵐で馬を逃がしてしまった三悪漢は砂漠中の泉へと急いだ。人の中で親分株はポップ・サングスターという巨漢で、ワイルド・ビルと綽名されたカーニー、鉄条網と綽名されたトム・ギポンスで、ギポンスは肩に負傷していた。目的の泉に辿り着くと水は枯れていた。

近くには幌馬車が一台取残されて、中には瀕死の女が産褥に呻吟していた。女は間もなく男児を分娩し、3人に名付け親となって貰い、嬰児をニュー・エルサレムの町にいる父親の許へ届けてくれと頼んで息を引き取った。その父親こそ3人が殺したエドワーヅであった。ポップは赤児なんか打っちゃってしまうというが二人は反対する。そこで幌馬車の中からミルク缶をを3つだけ探し出して3人は捕らえられると知りつつニュー・エルサレムへ引返すことになった。炎熱と水不足から負傷しているギポンスは観念の臍をかためて自殺した。ポップとビルは町へ向かったが夜のうちにビルも水筒を残して行方をくらましてしまった。ポップは奪った金貨も捨て吐きながら歩み続けるうちに遂に水は一滴も余さず無くなった。そして毒水の溜りを見付けた彼は町へ行くだけの気力を得るために死を決して毒水を飲んだ。彼が辿り着いた日はクリスマスの日だった。彼は教会の中へ転げ込んでそのまま呼吸をひき取った。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 巨人登場 (1933) : Counsellor at Law

  2. 鉄血士官校 (1932) : Tom Brown of Culver

  3. 孔雀夫人 (1936) : Dodsworth

  4. 北海の漁火 (1931) : A House Divided

  5. L・B・ジョーンズの解放 (1970) : The Liberation of L.B. Jones

  6. コレクター (1965) : The Collector

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。